• トップ

フッ素で積極的な予防歯科を

歯医者さんに診てもらうと言うと、虫歯や歯周病の治療が頭に浮かびますが、近年注目されているのが、予防歯科です。虫歯を治すことよりも、まずできないように取り組むことが大切だと広く認知されてきました。そこで、自分で行う毎日のブラッシングや、フロス等と合わせて考えたいのが、歯科医院でプロに診てもらうことです。歯医者さんで行ってもらう予防の代表格がフッ素塗布です。フッ素は、虫歯になることを予防したり、初期虫歯を改善したりする力があることが分かっています。歯科医院で使われるフッ素は歯の再石灰化を促進します。その際、エナメル質と結合することで、歯を強くしてくれます。歯が強化されれば、ミネラルが溶け出す脱灰もしにくくなり、初期虫歯を予防することにも役に立ちます。歯科で施されるフッ素塗布には、虫歯菌の活動を抑える働きもあります。虫歯菌が歯を溶かす酸が出しにくくなり、これも虫歯を防いでくれます。フッ素が優れているのは、大人にも子供にも使えるという点です。歯科医院で親子で塗布してもらうのもおすすめです。特に乳歯や生えたての永久歯は弱く、溶けやすいので、積極的な塗布が効果的です。塗布による歯の強化は、歯周病の予防にも役に立ってくれます。全身の健康にも影響を及ぼす歯の健康を守るために、歯医者さんを頼るのはとても良い選択肢です。

↑PAGE TOP